僕は加害者で被害者です。第41話

前回の話はこちらから↓↓

僕は加害者で被害者です。第40話

第1話目はこちらから↓↓

僕は加害者で被害者です。第1話

 

 

 

 

第41話本編↓↓↓

 

 

 

 

小学2年男子のトラブル話です。

 

 

 

 

どうぞ‼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとがき

登場人物の名前は存在しません。
友人の話を元に了承をいただき
描かせていただいてます。
身バレ防止のため、フィクションも
混ぜてますので、もはやフィクション
くらいの気持ちで読んで下さい。

フミヤくんは本当はあの場で
伝えたかった事があったのでしょう。
モリオくんを鉛筆で傷つけてしまった
という事は、悪いと認めた上で、
その理由を、それまでの事を、
自分の気持ちを、
伝えようと思っていたんだと思います。

ただ、あの場では
まだ小さいフミヤくんが
発言できる空気感では
決してなかった。

悪い事をしたのはわかっている。
けど、その場だけの謝罪で
この事件を終わらせる事を
回避したのがフミヤくんの精一杯の
訴えだったのかもしれません。

続きます‼︎

 

 

 

 

 

 

0



同じカテゴリの記事



アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ